スポンサーサイト

  • 2015.12.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE TREASURE 05 in Xebio Arena Sendai

    • 2015.08.11 Tuesday
    • 22:30
      7月まるっと記事を書きませんでした。そうです、7月は何のライブもなく猛暑をひたすら耐え抜くひと月を過ごしておりました。そんな中、まるっと更新しない一年をサイトが迎えてしまいました。土日祝日休みとなって時間ができるかなと思いきや、ライブに行き、部屋に引きこもって一日中パンフレットを熟読し、ショップ画を眺めて酒を飲む。だいたいこんな感じです。時間はある。超ある。最近の妄想ネタとしては『小山と夏祭りに浴衣でいったら』を恋祭りをBGMに楽しんでいます。まずチャラい。楽しい。胸元とか無駄にはだけさせた小山が腕組んで待ち合わせ場所で待ってる。斜め上見ながら塀かなんかに凭れてるんだけど、足が長いよね。かっこいいよね。ヒロインは手越あたりに「浴衣ね!絶対浴衣ね!」を押し通されて、致し方なく着てくるんだけども、あれ、手越は?加藤くんは?まっすーは?うわお、はかられた―!まさかの二人きりー!っていうベッタベタな展開でもいいし、みんなで集まってそれとなく二人きりにさせられちゃう、もしくは、頑張って二人きりにする小山もよし。青春の塊=NEWS。小山には腕を組んだまま歩き出して欲しいし、ヒロインも近いような遠いような絶妙な距離感で小走りして欲しい。でもまあ、花火会場なんてどこもかしこもアホみたいに混んでるからヒロインがすれ違いざま通行人Aにぶつかってよろけたところで腕を掴んでようやく合った視線の熱量ッ!!!!そこから隣同士に並んで歩いて焼きそばートウモロコシーリンゴ飴ーおいしく二人で分け合って緊張が解れてきたところで花火がドーーーーーーーーーン!!!!!!!!花火に釘付けになってるんだけど視線を感じて横向いたら小山ヒロインの方見てるううううううううううう青春が止まらないね………。
     こういう似たり寄ったりなパターンを何個も用意して使い回してます。ヒロインが小山の浴衣の袖をきゅって掴むパターンに萌えが詰まってるんだけど、どういう流れでそこに行き着くか要検討中です。まだ焦るような時間じゃない。とか思ったけどこの間買い物行ったらダウン売ってるお店があるわ、ネットで『最速!秋ネイル!』とかあるわで、焦ってもいいかもしれない。


     8月のライブは奈々さんだけで1日に終わってしまったんですが、デジタリアンとゆかりんとV6が一気にきているのでまだまだ楽しいことはいっぱいある。特にどれもちゃんと見れてないというか、もはやどれから手を付けるのが正解か悩んでたら発売から二週間以上も経ってた。時の流れに爆笑。
     忘れないうちに、奈々さんの夏を記録しておきます!以下、セトリネタバレ注意。

     
     
     いってきました、仙台ー!!!!!!!!会社の人に「今回は泊まりです(ドヤァ)」って言いまくってたら、逆にそっちの方がびっくりされてしまいました。むしろ、福岡日帰りなのに!?えっ!?仙台は帰らないの??????みたいな。確かにな。空路日帰り陸路宿泊て。
     仙台はNEWSのグランディ以来です。今回は新しい会場!ゼ!ビ!オ!アリーナ!!!!!!会場が最強で最高。いやまあ仙台にあるから安くはないんだけれども、仙台駅の隣の駅だし、駅から歩いて5分で着くっていう立地が最高。キャパが6,000名で最高。もっと小さい会場(ホールとか)があるので、必ずしも全員が最高!とはならないとは思いますが、スポンジがこれまで参加したライブの中で一番小さい会場でした。そもそも一万人を切る会場にほとんど入ったことがないスポンジにとってはもう……もうねッ!!!!!
     当日は仙台着→ホテル→グッズ購入→ホテル戻る→会場へ という流れですごくのろりくらりゆったりかまして行ったら開演ギリギリすぎて外のスタッフの人が「始まったらー!もう入れませんよー!」ってむっちゃ煽っててスマン。余裕かましてた大きな理由が座席が2階9列だったので、キャパの把握ができてないスポンジとしてはまあまあ後方応援ですわ、そんないきりたっても。という心持だったので、座席が2階といっているのに1階で9列目っていってるのに2列目だった時には「ファッ!?」ってなるのは許して欲しい。たまげたわ。どうやら1階席というのがあるようなのですが、ステージの構成上潰してたか何かで2階と表記されているものの一括りにスタンドっていう扱いだったようです。一緒に行った友人はここでNEWSを見たっていうんだからもう……もうねッ!!!!!バタバタっとペンライトを準備して予定時刻に開演。の前に、なぜか会場の上部にある窓がウィーンってあいて「おおおおお!?」ってなったらすぐ閉まるという地味なアクシデントが。のちにMCで奈々さんも「なんか間違えて開いちゃったんだって」と笑っておりました。

    01.No Limit
     イントロがかっこよすぎて震えた。BMW(だっけな?)か何か車に乗って登場して「ウオオオオ!」となったらすんごいゆっくり坂道を下る奈々さん。いやかっこいい。かっこいいんだけど、すごい至近距離でゆっくり走る車ってなかなかシュール。赤っぽい衣装で髪もちょっと編み込んでたけど下ろしててかわいかったです。(下し髪派)

    02.Justice to Believe
     会場が赤い。そして歌詞の「強く」をみんなが歌っててびっくりしましたが、前もあったような気もする。しかしまあもう近い近い。肉眼で奈々さんの表情から衣装までばっちり見える距離でした。

    03.PRIDE OF GLORY
     早着替え。上着脱ぐだけかなと思ってたら白いぴらぴらしたの(?)上から被っててかなりがらっと変わってたのが印象的でした。奈々さんのちょっと面白いダンスシリーズですが、好きな曲なので嬉しかったです。ステージがかなり狭かったので、チームヨーダ4人ぐらいじゃね?と友人と話してたら本当に4人だったので笑った。

    04.chronicle of sky
     奈々さんのちょっと面白い(ry チームヨーダが普通に増える。

    MC
     今回からなか卯がスポンサーになったので、ツアータイトルの最後に「なか卯」っていう和風が入ってくるのがクスリときますね。ナイスエッセンス。
     ここでオープニングで登場した車をもう一度見てもらいましょう!ということで車が再登場すると、まさかのアニキが乗車。似合いすぎて吹き出す。センステが回る仕様だったので、どう見ても立体駐車場でしたどうも。ちなみに奈々さんのステージは火を使うのでガソリンNGってことでBMW(だったかな、どうだったかな……)のエンジン部分を電気に改造したそうです。すげえ。

    05.禁断のレジスタンス
     飛び曲。こちらも赤い。

    06.砂漠の海
     この辺りは多分古参ホイホイ。別に自分のことが古参だとは思っていませんが、イントロ流れた瞬間このライブは強い、と確信した一曲。後からセトリ確認したら入れ替え曲でしたが、ぜひとも砂漠の海を推していきたい。

    チェリーボーイズの紹介

    07.レイジーシンドローム
     夏らしい衣装にお着替え。麦わら帽子かぶってミニスカでかわいかった。んですが、この曲中体をくねくね(?)させたりこう、曲の世界観に陶酔してる感じがして言い得もしない感情になりました。距離が近い分、動き回る奈々さんに世界観を表してる!と思うよりも、そのヒールでこけないかな!?大丈夫かな!?が先に走った模様。

    08.僕らの未来
     前回のアルバムからようやくお披露目。引っ張ったので個人的にはもっとキーとなる部分で使われると思いましたが、そうでもなく。そこまで夏っぽいイメージはありませんでしたが、衣装もあって夏の応援ソングのようにも聞こえました。

    MC
     回ってコール。マーチンと回ってたな!奈々さんの地方公演はUNION以来ですが、やはりキャパが少ない分奈々さんのMCも伸び伸びといろんなこと言ってたり、ギャグやったりで面白かったです。お客さんとの距離も近いからかきちんとMCが会話として成り立っているあたりも新鮮でした。
     日替わり曲の紹介。ADVENTUREが今回の公演回数でもある13文字なので、頭文字で一曲ずつ披露という何とも嬉しい企画です。ちなみに大阪1公演目に披露したThe place of hapinessの名前が挙がった時に頭を抱えるぐらい羨ましかったです。全ての文字が揃った時何かが起こるってことで西武ドームがより一層楽しみになりました。

    09.悦楽カメリア
     Eで悦楽カメリア。そのかわいい衣装で歌うんかーい!と思わなくもなかったですが、悦楽みたいな振り切った曲ってこうでもしないとなかなか聞くことができないので楽しみました。しかしながら、悦楽のリズムが小刻みすぎてなかなかに振りにくかった。

    MC
     後輩の瀬戸麻沙美ちゃんとドライブ行って、その時に麻沙美ちゃんが「奈々さん!わたしこの曲聞くと泣いちゃうんです!」というエピソード付き。麻沙美ちゃんのものまねする奈々さんがかわいかった。

    10.ダーリンプラスティック
     アコースティックのみでしか聞いたことなかったので、オリジナルでは初。普段と歌い方の違う奈々さんの音色が素敵でした。

    11.Nocturne-revision-
     イントロで発狂するも曲名が出なくてずっともどかしさを抱きながら、大好きな曲すぎて半分ぐらい泣いてた。泣くぐらい好きなのに曲名でなくてもどかしいのループ。

    チームヨーダの紹介映像

    12.Angel Blossom
     むっちゃ短い線路をトロッコで滑り降りてきました。笑った。冒険だからトロッコはあるだろうと思ってましたが、まさにネプリーグの最終戦で乗るような感じでした。
     ピンクのチェックで春らしい雰囲気でした。みんなで踊る。

    13.SUPER GENERATION
     メインステからセンステに移動して。センステの一番前の席のお客さんがすっごい嬉しそうにぴょんぴょん跳ねてるのが印象的でした。平和。この曲はもう超平和。

    MC
     「CMにご縁がありまして…」と次の曲の前振りとして話し出しましたが、普通に話し出してることがまずすごい。なんてたって出演側。

    14.あしたgraffiti
     愛媛銀行のCMソング。明るくてかわいい曲です。

    15.POWER GATE
     水陸両用風の乗り物に乗って外周をぐるっと。外周といってもアリーナとスタンドの間みたいな通路を通るので、前を通ったときは本当にまさに目の前でした。次回は西武ドームで大きな会場なので、こうして近くにきてくれるというアリーナの醍醐味を味わえて非常に嬉しかったです。

    映像
     冒険をしながら宝を手に入れるストーリーなのですが、様々な道のりを経て途中手に入れた鍵で宝箱を開ける。すると、周囲の壁が崩れて……という流れの中で次のアヴァロンのイントロがかかった時のハマり具合は、奈々さんのライブ一だったと思います。

    16.アヴァロンの王冠
     何と表現したらいいものか。オーケストラライブでは外周を笑顔で手を振りながら歌っていたアヴァロンですが、本来曲が持つ神々しさを湛えて、背中に光を背負った奈々さんの歌声の強さがすさまじい。そもそも、こういう確立された世界観の曲を歌って、世に出しているからこそできる演出の強み。歌詞が大げさでも何でもなく、物語のひとつとしてしっかり主役を張れる。どんだけかっこいいんだ。(頭抱える)
     どなたかのブログでオーケストラではお手振り曲になっていたから、次は曲に似合った演出をして欲しいという旨の内容を読んで大きく同意したのですが、まさにその通りになったなと思います。

    17.UNCHAIN∞WORLD
     からの!からの!!!!ここで奈々さん大好きのマイクスタンド(手持ち版)!!!!

    18.Extarminate
     新曲。ほとんど間奏がないので、ハイッハイッ!って掛け声するところがものすごいなかった。スピードとリズムの速さが奈々さんらしい一曲。

    19.終末のラブソング
     曲が好きすぎる。アコースティックで初披露して、オリジナル音源で聞きたかったので嬉しかったです。

    20.Heart-shaped chant
     鳥肌。これはもうね、鳥肌。世界観、流れ、歌詞の意味。どれをとっても文句がない。ライブで初めて聞いたことも相まって本当にすごいセトリを組んでくれたなあと感動しっぱなしでした。

    21.ETERNAL BRAZE
     歌手デビュー15年の節目、そしてライブで歌うのがちょうど100回目というところで炎も勢いも何もかもがすごかった。アコースティックで披露されなかった分、待ち望んでいる人も多かったのでは。ただもう、炎は本当にすごくて、最初に噴射された時に普通に「あっつぅう!」って声が出るほどでした。メロ、サビ、間奏、更には最後って止まる事を知らないレベルでずっと炎が出てて、キャパが狭い分熱風すごいわ焦げ臭いわで、ステージ上の奈々さんとチェリボはさぞ熱かったでしょう……。
     エタブレ終わりはLIVE CASTLEのQUEENでも一度経験していましたが、やはり節目となるとこの曲の存在の大きさが改めてよく分かりました。

    アンコール

    22.ドリームライダー
     センステで回りながら踊っててむっちゃかわいかった。奈々さんにはこれぐらいライトな踊りを踊ってて欲しい派です。

    23.It's Only Brave
     最近のシングルはカップリング明るい曲多めでしたが、その中でもダントツに突き抜けて明るく力強い曲なので歌ってくれて嬉しかった!あしたgrafittiを披露したのでないかな、と思ったのですがきれいにセトリの中に組み込んでくれたなと思います。
     
    24.Happy☆Go-Round!
     タオル曲。みんなでぶんぶん回して歌って爽やかな終わり方ですてきでした。
     銀テも飛んできましたが、残念ながら届かず。恒例の餌まき(ご当地のぬいぐるみやらサインボールを客席に投げること)はなく、挨拶をして潔く終了でした。


     ライブの構成におけるセトリの割合というのはそれはもう非常に大きなものだからこそ、ハマった時の衝撃やら打撃やらは本当にすさまじいものでした。
     今回は明るい曲と熱い曲の比率、配置が絶妙だったなと感じました。最近のツアーだと、スポンジが好きなブロックというものがだいたい一つか二つしかないことが多く、曲は好きなんだけれども流れとして……とか、またこの曲がこういう使われ方か……とパターンめいた演出に、もっとうまく演出できるんじゃないかなあともどかしさを持っていました。別段、そのツアーのセトリが嫌いとかいやとかではなくて、期待値が基本的に高い、というところが大きいです。今回のセトリは見事にスポンジにバチーンとハマったし、久しぶりにハマった!!!楽しい!!!!最高!!!!何ならこうして諸手を挙げて褒められる!!!!幸せ!!!!!という有頂天な気持ちを抱いたまま、9月の西武ドームを待つことにいたします。
     

    スポンサーサイト

    • 2015.12.24 Thursday
    • 22:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      categories

      recent comment

      profile

      tuna.be

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM